金宗鎭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金 宗鎭(キム・ジョンジン、김종진、沈雄、1901年 - 1931年7月11日)は、朝鮮の独立運動家本貫新安東金氏は是也。

生涯[編集]

独立運動家金佐鎮の族弟であり、10歳の頃再堂叔김학규の養子になり、書堂漢文を学んだ。18歳の時、故郷忠清南道洪城三・一運動に加わり、逮捕されたが、未成年者のため釈放された。

1920年に北京へ亡命し、1921年に雲南省軍官学校に入学して軍事訓練を受けた。1927年に臣民府の幹部、1929年に韓族総連合会で農務及び組織宣伝部長、軍事部長を歴任した。

1930年1月24日に金佐鎮が暗殺されると、共産主義者たちと対立し、1931年7月11日に中国黒竜江省海林駅で共産主義者に暗殺された。1990年に建国勲章愛国章、1968年に建国勲章大統領表彰、1977年に建国褒章が追贈された。[1]

家族[編集]

  • 父 : 김영규
  • 母 : 青松沈氏

注釈[編集]

  1. ^  

関連項目[編集]

外部リンク[編集]