金子雅臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 雅臣(かねこ まさおみ、1943年10月8日[1] - )は、労働ジャーナリスト。

新潟県出身[1]静岡大学文理学部卒業後、東京都庁入庁。東京都職員として労働相談を担当するかたわら、豊富な経験を生かして労働問題を扱う社会派のルポライターとして活躍した。日本の「ホームレス」「パワーハラスメント」問題を提起し、東京都の設置した「セクハラ相談窓口」での経験をもとに、セクシャルハラスメントの解決にも取り組む。

著書に、『裁かれる男たち—告発の行方』(明石書店)、『ホームレスになった-大都会を漂う』(ちくま文庫)、『パワーハラスメント何でも相談』(日本評論社)、『労働相談(裏)現場レポート』(築地書館)、『職場のモンスター』(マイコミ新書)などがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.256