野田修一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野田修一郎(のだ しゅういちろう、1931年昭和6年) - 1993年平成5年)は、日本画家日本画家

略歴[編集]

山梨県甲府市鍛冶屋町(甲府市中央)に生まれる。戦後に上京し、私立麻布中学校で日本画家の山田申吾[1]に学ぶ。1951年(昭和26年)に東京藝術大学日本画家へ入学する。同期には日本画家の鈴木美江がいる。1974年(昭和49年)の第六回日展で特選となる。以来出展を続け、1984年(昭和59年)には日展で再び特選を受賞し、日展を中心として活躍する。ほか、日春展日春賞・奨励賞を受賞する。

野田は生涯にわたってを得意なモチーフとして描いており、代表作に《雪原》(1982年)がある。作品の一部は山梨県立美術館に収蔵され、1989年(平成元年)には同館で「郷土作家シリーズⅠ 野田修一郎展」が開催された。

脚注[編集]

  1. ^ 山田申吾(1908-1977)は日本画家で、野田と同様に馬を得意のモチーフとした。

参考文献[編集]

  • 『山梨県立美術館 蔵品総目録Ⅴ 2000-2007』