野村治三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

8代[1]野村 治三郎(のむら じさぶろう、1877年明治10年)10月28日[2] - 1949年昭和24年)1月13日[3])は、日本の実業家政治家衆議院議員立憲民政党[4]。野村銀行(りそな銀行の前身とは別の銀行)の頭取。幼名・常太郎、8代目野村治三郎[5]

経歴[編集]

現在の青森県上北郡野辺地町で豪商・7代目野村治三郎の長男として生まれる[5]慶應義塾中退[4]1900年に家督を継承し治三郎を襲名した[5]。馬産振興に尽力し[5]、その他、青森県農工銀行頭取、上北銀行頭取、野辺地電気社長、七戸水電取締役などを歴任[3]

第12回第13回第14回第15回の衆議院議員総選挙で当選し衆議院議員を務めた[3]。野辺地町名誉町民[6]

旧野村家住宅離れ[編集]

野村家の住宅の一部が「旧野村家住宅離れ」として2008年に登録有形文化財に登録されている[7]

脚注[編集]

  1. ^ 『青森県百科事典』721頁。
  2. ^ 漆崎多四郎『貴衆両院議員名鑑』、1919年、p.1。
  3. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』493頁。
  4. ^ a b 野村 治三郎(8代目)とはコトバンク。2016年2月6日閲覧。
  5. ^ a b c d 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』477頁。
  6. ^ 名誉町民 野辺地町
  7. ^ 登録有形文化財(建造物)文化庁 ※2015年10月4日閲覧

参考文献[編集]

  • 『青森県百科事典』東奥日報社、1981年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。