野村亮馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野村 亮馬
職業 漫画家
活動期間 2007年 -
ジャンル 青年漫画
代表作 ベントラーベントラー
受賞 アフタヌーン四季賞2007年冬のコンテスト 四季賞(『WORKING ROBOTA』)
テンプレートを表示

野村 亮馬(のむら りょうま)は、日本漫画家2007年「WORKING ROBOTA」にて「アフタヌーン四季賞」2007冬の四季賞を受賞。[1]

2008年より『月刊アフタヌーン』(講談社)において、『ベントラーベントラー』を連載した。[2]

作品リスト[編集]

  • WORKING ROBOTA (2007年、『月刊アフタヌーン』、講談社) - アフタヌーン四季賞 2007冬 四季賞受賞作。同誌2008年4月号付録
  • ベントラーベントラー (『月刊アフタヌーン』 2008年8月号 - 2010年5月号)全3巻
  • キヌ六 (『月刊アフタヌーン』 2013年8月号 - 2014年7月号)全2巻
  • インコンニウスの城砦(自費出版、2017年1月)全1巻
  • 第三惑星用心棒(自費出版、2018年7月 - )既刊1巻

出典[編集]

  1. ^ 月刊アフタヌーン』2007年12月号310頁より。
  2. ^ 『月刊アフタヌーン』2008年8月号‐2010年5月号を参照。