野呂輝久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野呂 輝久(のろ てるひさ、1954年8月29日 - )は、日本実業家ガンバ大阪代表取締役社長や、大阪国際大学短期大学部客員教授等を務めた。

人物・経歴[編集]

昭和29年生まれの三重県出身の実業家で1977年(昭和52年)に名古屋大学経済学部を卒業後に松下電器産業(現パナソニック)に入社した。東京に配属され、長年企業向けのシステム営業を担当した他[1]、1990年から1993年まで山下俊彦第3代代表取締役社長の専任秘書を務めた。秘書課長等を経て、2000年広報部長。2005年システムソリューションズ社(のちのパナソニック システムソリューションズ ジャパン常務。2009年システム・設備事業推進本部本部長[2]。2012年ガンバ大阪取締役副社長スタジアム建設本部長に出向し、寄付金集めなどにあたった。2013年からガンバ大阪代表取締役社長を務めた。2016年に退任し、大阪国際大学短期大学部客員教授に就任した[1][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]


先代:
金森喜久男
ガンバ大阪社長
2013年 - 2016年
次代:
山内隆司