野口晴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野口 晴子
研究機関 早稲田大学
研究分野 医療経済学
ミクロ計量経済学を用いた実証研究
社会保障論
母校 早稲田大学 (学士 1988)
早稲田大学 (修士 1990)
ニューヨーク市立大学 (Ph.D. 1997)
学位 Ph.D. in Economics
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

野口 晴子(のぐち はるこ、1965年1月 - )は日本の経済学者。専門は医療経済学計量経済学早稲田大学院教授、厚生労働省中央社会保険医療協議会委員。

略歴[編集]

1988年に早稲田大学政治経済学部卒業、1990年早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。修士修了後に渡米。1995年 ニューヨーク市立大学付属マウント・サイナイ医科大学研究員を経ながら、1997年 ニューヨーク市立大学経済学博士課程修了、Ph.D in Economics。1998年にスタンフォード大学経済政策研究所・全米経済研究所研究員、2003年 東洋英和女学院大学大学院助教授、2004年内閣府経済社会総合研究所客員主任研究員などを経て、早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻教授。

著書・論文[編集]

  • 2002 October, forthcoming, "Acute Myocardial Infarction Treatment in Japan-the Seven Hospital Pilot Study-, " in A Global Analysis of Technological Change in Health Care: Heart Attacks, University of Michigan.(共著)
  • 2002 Oct 10, "Associations of Renal Insufficiency with Treatment and Outcomes after Myocardial Infarction in the Elderly" , Annals of Internal Mesicine, 137:555-562.(共著)
  • 2001 Apr 15, 'Comparison of the effects of angiotensin converting-enzyme inhibitors and beta blockers on survival in elderly patients with reduced left ventricular function after myocardial infarction,' American Journal of Medicine, 110(6):425-33(共著)
  • 2001.5.11、「公的に収集された医療情報の研究者への提供に関する-考察」、社会保険旬報、No.2097:pp6-17(共著)
  • 2002 Dec, 'Does physician specialty affect the survival of elderly patients with myocardial infarction?' Health Service Research, 35(5Pt2):1093-116.(共著)
  • 2000 Sep, 'Are we inhibited? Renal insufficiency should not preclude the use of ACE inhibitors for patients with myocardial infarction and depressed left ventricular function,' Archive Internal Medicine 25;160(17):5645-50.(共著)
  • 1999.11、「米国のヘルスケアリフォーム:その後」、『医療と社会』、9(3):pp15-32(単著)
  • 1998 May, 'Technological Change in Heart Disease Treatment: Does High Tech Mean Low Value?' The American Economic Review Papers and Proceedings, 88(2):90-96.(共著)

外部リンク[編集]