酒井幸三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井 幸三(さかい こうぞう、1927年 - 2008年 )は、日本の英文学者京都大学名誉教授。専門はイギリス

京都大学大学院中退、大阪府立大学助教授、京大教養部助教授、教授。1991年定年退官、名誉教授、京都女子大学教授。1993年「アレグザンダー・ポウプ『エロイーザからアベラードへ』注解」で京大文学博士。2008年正四位瑞宝中綬章受章。

著書[編集]

  • ポウプ前期の詩と詩論研究 ヒロイック・カプレットの言語技法 あぽろん社 1979.9
  • ポウプと一八世紀の抒情詩 パッションとヒューマーの詩 あぽろん社 1987.12
  • ポウプ・愛の書簡詩 『エロイーザからアベラードへ』注解 臨川書店 1992.11

参考[編集]

  • 英語年鑑