郁姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

郁姫(いくひめ、文化4年3月5日1807年3月29日) - 嘉永3年3月29日1850年5月10日))は、五摂家筆頭の近衛家当主で関白近衛忠煕の正室。別名興子。子は近衛忠房、常磐井堯熙[1]水谷川忠起[2]近衛文麿近衛秀麿は曾孫、細川護熙近衛忠煇は来孫にあたる。

生涯[編集]

文化4年(1807年)に薩摩藩主・島津斉宣の娘として江戸高輪島津藩邸にて誕生した。母は側室・お百十の方(宝樹院)。文政8年(1825年)に近衛忠煕と婚約した。忠煕と婚約した頃は、父・斉宣は隠居の身であったため、藩主の兄斉興の養女となり、名も郁姫から島津興子に改めて近衛家に嫁ぐこととなった。この輿入れの際に、上臈として郁姫に随行したのが幾島(当時は藤田)である。

斉興の側室・お由羅の方に、妹の勝姫(松平康寿室)と共に養育され、由羅は実母同然に振舞ったといわれる。

忠煕との間に三子・忠房、常磐井堯熙[1]水谷川忠起[2]を儲けるも、嘉永3年(1850年)3月29日に死去した。享年43。

郁姫の息子・忠房は甥で薩摩藩主・島津斉彬の養女・貞姫を正室に迎えている。

登場作品[編集]

テレビドラマ

補注[編集]

  1. ^ a b 常磐井家譜
  2. ^ a b 水谷川家譜