那古寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
那古寺
Tateyama Nago-ji 01.jpg
観音堂
所在地 千葉県館山市那古1125
位置 北緯35度1分32秒
東経139度51分28.7秒
座標: 北緯35度1分32秒 東経139度51分28.7秒
山号 補陀洛山
宗派 真言宗智山派
本尊 千手観世音菩薩
創建年 伝・717年(養老元年)
開基 伝・行基
正式名 補陀洛山千手院那古寺
別称 那古観音
札所等 坂東三十三観音霊場 第33番[1]
安房国札三十四観音霊場 第1番
関東八十八箇所 第56番
文化財 銅造千手観音立像(国の重要文化財)
テンプレートを表示

那古寺(なごじ)は、千葉県館山市にある、真言宗智山派寺院。山号は補陀洛山。本尊は、千手観世音菩薩坂東三十三観音霊場第33番(結願寺)[2]。通称は那古観音(なごかんのん)。

歴史[編集]

寺伝によれば、行基元正天皇の病気平癒を祈るためこの地を訪れ、千手観世音菩薩を安置して祈願すると、天皇の病気は平癒し、天皇の勅により建てられたのがこの寺であるという。

伽藍[編集]

  • 仁王門
  • 観音堂(本堂) - 平成の大改修は千葉県指定有形文化財保存事業として行われ[3]2010年(平成22年)10月26日に落慶法要を行い[4]、同年11月17日に本尊を開帳した[5]
  • 多宝塔 など

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 銅造千手観音立像 - 像高105cm、鎌倉時代

千葉県指定有形文化財[編集]

  • 那古寺多宝塔 附:木造宝塔1基
  • 那古寺観音堂 附:厨子1基 - 1994年(平成6年)2月17日に指定[6][7]
  • 絹本著色僧形八幡神像
  • 木造阿弥陀如来坐像[8]
  • 繍字法華経普門品

館山市指定有形文化財[編集]

ギャラリー[編集]

所在地[編集]

隣の札所[編集]

坂東三十三観音霊場
32 清水寺 (いすみ市) -- 33 那古寺 -- 1 杉本寺
安房国札三十四観音霊場
34 滝本堂 -- 1 那古寺 -- 2 新御堂
関東八十八箇所
55 円如寺 (君津市) -- 56 那古寺 -- 57 真野寺 (南房総市)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “新房総の古寺巡礼 三十三ケ所 17 那古寺 房総の「補陀落浄土」”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 14. (1995年7月14日) 
  2. ^ “絵ハガキが語る 千葉の明治・大正・昭和史 16 那古寺 坂東三十三ケ所霊場の結願寺”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 12. (2006年6月18日) 
  3. ^ “那古寺観音堂が上棟式 館山 県指定文化財保存事業 工事の安全祈り法要 08年まで本格的な大修理”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 17. (2006年7月8日) 
  4. ^ “平成の大改修終わり落慶法要 館山の那古寺観音堂”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 17. (2008年10月27日) 
  5. ^ “落慶記念に本尊開帳 館山・那古寺 観音堂大改修終える”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 13. (2008年11月18日) 
  6. ^ “那古寺観音堂など指定 鰭ケ崎のオビシャも 県文化財”. 毎日新聞 (毎日新聞社): pp. 19. (1994年2月19日) 
  7. ^ “那古寺観音堂など計11件 県文化課 指定文化財を発表”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 1. (1994年2月18日) 
  8. ^ “南総の名利巡礼 わが町の古刹を訪ねて 19 那古寺(館山市) 天台、真言の双方を重視 県内如来坐像代表の一体”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 17. (2008年1月12日) 
  9. ^ “歌舞伎大絵馬、市文化財に指示 館山市教委”. 毎日新聞 (毎日新聞社): pp. 19. (1988年7月1日) 
  10. ^ “館山那古寺から発見 歌舞伎大絵馬を市有形文化財に 製作から260年 県内最古”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 16. (1988年6月30日) 
  11. ^ “高瀬家古文書が市の有形文化財に 那古寺などの再建の様子記す 館山”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 15. (1992年3月30日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]