進学課程 (医歯学部)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プレメディカル(Pre-medical)、医学部進学課程(いがくぶしんがくかてい)および歯学部進学課程(しがくぶしんがくかてい)は、1955年以降に医学部ないし歯学部への進学のために設置された、入学資格を高等学校卒業程度とする一般教養教育・語学教育・基礎教育(基礎医学教育ではない、物理特論や統計学など)を行う修業年限2年の課程である。医学部・歯学部とは別の組織であり、進学課程を修了すればほぼ無条件で同一大学の医学・歯学部へ進学できた。大学によっては進学課程を設置せずに、大学2年修了者を対象に一般入試を行ったところもある。現在の航空大学校も同じシステムを採る。

進学課程設置の背景[編集]

旧制医学専門学校の旧制大学昇格[編集]

第二次世界大戦の終結後、連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ) は、医学教育および歯学教育を大学教育に一本化する方針を打ち出し、旧制医学専門学校旧制歯科医学専門学校旧制大学へ昇格するか戦後特設高校へ転換することになった。しかし、終戦後に旧制大学に昇格した医科歯科大学の多くは旧制高等学校卒業者獲得が困難と判断されたため、1946年から1947年にかけて旧大学令に基づく3年制の大学予科を設置した。

学制改革後の過渡期[編集]

学制改革により1949年から新制度となり、各大学の多くの学部が入学資格を新制高校卒業程度とする中、医学部歯学部の入学資格は大学2年修了者で特定の要件(科目および単位が規定された)を満たすものとなった。多くの単科の医科・歯科大学は旧大学令に基づく大学予科を設置して、予科で3年と学部で4年の7年間連続して教育していた。この制度をそのまま残し、入学資格を新制高等学校卒業程度とする修業年限を2年とした旧大学令に基づく大学予科を設置して「大学2年修了者」の要件を満たした。つまり新制高校を卒業すると各医科・歯科大学の大学予科(旧制)を受験して入学し、2年後に新制大学の医学・歯学部入試を受験した。多くの単科医科・歯科大学は、大学予科の入学試験によりすでに学生を選抜していることから医学・歯学部入学試験は形骸化し、無条件あるいは内部試験で進学させて予科で2年と学部で4年の6年間連続で教育した。一方、旧帝国大学をはじめとする総合大学は、理学部の中に医学・歯学部受験コースである2年制の大学を「理学部乙」等の名称で設けて大学2年修了の要件を満たしたが、この制度では受験に失敗した医学・歯学部浪人が理学部内に増えた。通常の理学部課程である理学部甲などからも医学部進学者が発生し、優秀者が減少するなど理学部教育に支障をきたして批判が生じた[1]文部省は、大学予科や理学部乙をリベラルアーツのみを学ぶ短期大学に改組し、医学・歯学部の入学資格を短大卒にすることを計画した。

進学課程設置[編集]

のちに文部省は方針を変更し、旧制大学予科や理学部乙の短期大学への切り替えを求めず、医学・歯学部進学課程の名称で修業年限を2年とする大学の設置を認めて進学課程に切り替わった。この制度改正の結果、2年制進学課程修了者は自動的に4年制専門課程へ進級することで医学部および歯学部は6年連続制となり、一般教養教育等を担当する教養部が医学・歯学進学課程の教育を担当する大学もあらわれた。
東京大学1962年から自動的に医学部に進学できる理科三類を設置したが、修了者が出る1963年までは理学部等の大学2年修了・卒業者を対象とする医学部入試を行い、のちに理科二類から進路振り分けによって10名程度を受け入れた。京都大学1963年まで進学課程と大学2年修了者を対象とする医学部入試制度が並存した。

その後の展開[編集]

1973年に新設された筑波大学医学専門学群は、これまでの2年間の進学課程と4年間の専門課程の区別を廃し、日本の大学医学部で初めて6年一貫教育を実施した。その後の新設医科大学も追随し、6年一貫教育を採用する大学が増加した。

1991年学校教育法55条第2項が改正されて医学部・歯学部の入学資格は高校卒業程度で修業年限は6年となり、筑波大学などで実施されていた6年一貫教育が追認され、進学課程は医学部・歯学部に吸収された。東京大学は理科三類で2年+医学部医学科で4年と変更なかった。これにより進学課程の担っていたリベラルアーツ教育の時間は大幅に減少して医歯学専門教育の時間数を増加させるとして当時は歓迎されたが、近年は医師・歯科医師の人間性教育が問われている。

脚注[編集]

  1. ^ [1]新制金沢大学の発足

関連項目[編集]