逆柱いみり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
逆柱 いみり
生誕 (1964-07-14) 1964年7月14日(57歳)
日本の旗 日本静岡県静岡市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
公式サイト 逆柱いみり(Twitter)
テンプレートを表示

逆柱 いみり(さかばしら いみり、男性、1964年7月14日 - )は、日本漫画家イラストレーター静岡県静岡市出身[1]。ペンネームの由来は「逆木の柱」と「いみり(ひびという方言)」から。妻は漫画家のみぎわパン

1989年に『月刊漫画ガロ』(青林堂)300号にて望月勝広名義でデビュー。主に『ガロ』や『アックス』(青林工藝舎)などのマイナー誌で作品を発表する寡作な作家であり、単行本は絶版などで手に入りにくい。

来歴[編集]

高校卒業後に地元で会社員として数年間働くが「ねじ式」に感銘を受けて漫画家を目指す。1989年、『月刊漫画ガロ』300号で望月勝広名義でデビュー。デビュー作は8頁に4作が描かれた連作『くじら』『ウミウシ』『タネ』『ふくらはぎ』である。

作品にストーリーや内容、脈絡もなにも関係なく目的や盛り上がりすら存在しない、つげ義春とは違った非常に独特でシュールな世界を描く。

マイナーな作家でありながら、他の漫画家や映像作家などから高く評価されている。

静岡で活動する劇団で、舞台美術も担当していた。また、バンド「漏電銀座」でも活動している[2]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

雑誌特集[編集]

単行本未収録作品[編集]

  • 『くじら』『ウミウシ』『タネ』『ふくらはぎ』(ガロ 1989年10月号)
  • 『傾城魚(ジェニー・ハニバース)』(ガロ 1990年4月号)
  • 『バイク』(ガロ 1990年7月号)
  • 『ミロガンダ』(ガロ 1990年9月号)
  • 『トルエン・トレイン』(ガロ 1990年12月号)
  • 『観光案内』(ガロ 1991年6月号)
  • 『いみり』(ガロ 1991年9月号)
  • 『いみり』(ガロ 1992年11月号)
  • 『珍珠魚』(ガロ 1993年1月号)
  • 『RETURN TO PARADISE』(ガロ 1993年5月号)
  • 『虫瘤』(ガロ 1993年12月号)
  • 『座敷犬』(ガロ 1994年1月号)
  • 『地底食堂』(ガロ 1994年4月号)
  • 『地底動物園』(ガロ 1994年5月号)
  • 『熱が出た』(ガロ 1994年6月号)
  • 『蟹味噌』(アックス Vol.1/1998年2月)
  • 『何か問題がございますかしら?』(アックス Vol.3/1998年6月)
  • 『立派な魚』(アックス Vol.4/1998年8月)
  • 『プールで』(アックス Vol.11/1999年10月)
  • 『恐怖博士の花嫁』(ガロ 2000年1月号 - 2000年10月号)
  • 『岩テレビ』(ガロ 2000年11月号 - 2001年3月号)
  • 『競技会』(アックス Vol.34/2003年8月)
  • 『金魚まかせ』(アックス Vol.81-82/2011年6月-8月)
  • 『茶番なカッパ』(アックス Vol.83-86/2011.10-2012.04

その他[編集]

  • 『Guilty Connector und Tabata』(音楽アルバム) - ジャケットイラスト[3]
  • 島尾伸三『星の棲む島』(書籍) - 装画・挿画・題字[4]
  • ヒカシュー 『生きること』(音楽アルバム) - ジャケットイラスト[5]
  • インスタント沼 (小説) - 装画[6]
  • Joana Queiroz, Rafael Martini, Bernardo Ramos『GESTO』(音楽CD、LP 、2016年) - ジャケットイラスト[7][8]

脚注[編集]

  1. ^ 逆柱いみり(さかばしらいみり)の解説 - goo人名事典” (日本語). goo辞書. 2020年11月21日閲覧。 “出生地 静岡県静岡市 生年月日 1964年7月14日(56歳) かに座 別表記 望月勝広”
  2. ^ 漫画家、逆柱いみりのバンド、漏電銀座が結成13年目にして遂にファースト・アルバム『ぬばたまの世界』を発表! 2020年9月9日に発売。”. merurido.jp. レコードショップ芽瑠璃堂. 2020年11月21日閲覧。 “<逆柱いみり> 1964年7月14日生まれ 静岡県静岡市出身、在住。1989年「月刊漫画ガロ」で漫画家デビュー。「ガロ」及び「アックス」に漫画を発表するかたわら、タコシェ、ビリケンギャラリー、京都トランスポップギャラリー等で個展を開催。近年は中国や台湾での個展開催や、中国やイタリアで翻訳本が出版されるなど、海外での評価も高まっている。アートワークにヒカシュー「生きること」「生きてこい沈黙」ジャケット、ダンボール・バット「壊れたカセットはAOR」ジャケットなど。”
  3. ^ Guilty Connector Und Tabata* - Guilty Connector Und Tabata” (日本語). Discogs. 2020年11月25日閲覧。
  4. ^ 星の棲む島 - 岩波書店. http://www.iwanami.co.jp/book/b263830.html 
  5. ^ 生きること / ヒカシュー” (日本語). ヒカシューオンラインストア. 2020年11月25日閲覧。
  6. ^ CORPORATION, KADOKAWA. “インスタント沼”. KADOKAWAオフィシャルサイト. 2020年11月25日閲覧。
  7. ^ Joana Queiroz, Rafael Martini, Bernardo Ramos / GESTO”. Joana Queiroz, Rafael Martini, Bernardo Ramos / GESTO (2016年8月3日). 2020年11月12日閲覧。
  8. ^ Joana Queiroz, Rafael Martini, Bernardo Ramos «GESTO» - YouTube”. www.youtube.com (2016年8月25日). 2020年11月12日閲覧。

外部リンク[編集]