近藤紫雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近藤 紫雲(こんどう しうん、生没年不詳)は大正時代に活躍した日本画家版画家

来歴[編集]

名古屋の出身である。大正期に博文館雑誌『文芸倶楽部』最後の木版画口絵を描いたほか、関東大震災版画を沢山描いている。また、1924年池田輝方らとともに合作した新版画「新浮世絵美人合 六月 菖蒲」を村上という版元から刊行している。

作品[編集]

  • 「早乙女」口絵 『文芸倶楽部』第二十巻八号 大正3年
  • 「菖蒲」 木版画
  • 「美人図(仮題)」 紙本着色 墨彩

参考文献[編集]

  • 楢崎宗重編 『秘蔵浮世絵大観 ムラー・コレクション』 講談社、1990年
  • 山田奈々子 『木版口絵総覧』 文生書院、2005年