足立長雋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

足立 長雋(あだち ちょうしゅん、1776年安永5年) - 1837年2月1日天保7年12月26日))は、江戸時代後期の医者[1]。高名な蘭方医西洋産科の権威でもあった[1]江戸の人。多紀元簡から漢方医学、吉田長淑から蘭方医学を伝授される[1]。丹波篠山藩藩医[1]。門下に蘭学者の川本幸民、日本最初の私立病院順天堂を開設した佐藤泰然[1]、幕府御殿医の林洞海などがいる。

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館、2007年、16頁。ISBN 978-4-09-626607-6