足立弥四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
足立 弥四郎
生誕 1880年11月3日
愛知県額田郡幸田村(現・幸田町
死没 没年不明
職業 政治家教育者

足立 弥四郎(あだちやしろう、1880年明治13年)11月3日[1] – 没年不詳)は、愛知県額田郡幸田村(現・幸田町)出身の政治家教育者海部郡長(1924年-1926年)、津島町長(1926年-1930年)、半田町長(1930年-1937年)、第2代半田市長(1946年)。

経歴[編集]

愛知県三河地方額田郡幸田村(現・幸田町)出身。第三師団歩兵連隊に所属した後、明治末期に官吏として採用された。1924年(大正13年)に海部郡の郡長となり、1926年(昭和元年)の海部郡役所廃止に向けて郡政の縮小整理を行った。同年の海部郡廃止後には津島町(現・津島市)の町長に就任し、1930年(昭和5年)まで町長を務めた。津島町長在任中には津島町立図書館を開館させるなどし、さらには津島共存園の園長も兼任した。津島町長を退任した1930年(昭和5年)4月には知多郡半田町長に就任した[1]。半田町長在任中には成岩町亀崎町との合併交渉を進めた。1937年(昭和12年)10月の半田市発足の際には半田市長臨時代理者を同年11月まで務めた[1]。初代半田市長・中埜半左衛門の下で助役を務め、1946年(昭和21年)6月14日に半田市長に就任したが同年11月22日に辞職した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『日本の歴代市長』第2巻、476頁。

参考文献[編集]

  • 税田幸一『地方自治政の沿革と其の人物 愛知県』自治通信社、1929年
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、1984年。
  • 津島ロータリークラブ・海部歴史研究会(編)『海部津島人名事典』津島ロータリークラブ、2010年