足立全康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

足立 全康(あだち ぜんこう、男性、1899年明治32年)2月8日 - 1990年平成2年)12月19日)は日本実業家島根県能義郡飯梨村字古川(現・安来市古川町)出身。

経歴[編集]

実家は農業を営む。尋常小学校卒業後、家業を手伝う傍ら、村の商売の手伝いをし、次第に商売に深い関心を寄せてゆく。14歳の頃、炭を大八車で運搬する傍らそれを売ることで、初めて商売を手がけることになる。その後はさらに商売を手がけてゆき、類い希な商才を発揮してゆくことになる。

第二次世界大戦後は、敗戦後の瓦礫の中を駆け回り、大阪を商売の本拠地として、大阪と安来を商売で往復するようになる。その後、不動産投資を手がけるようになり、一代で財産を築く。

1977年昭和52年)に名古屋で開催された横山大観展で観た「紅葉」(六曲一双屏風)に大変深い感銘を受け、それが後年の美術品収集への情熱へと繋がる。

1970年(昭和45年)、71歳の時に財団法人足立美術館を設立。

1990年(平成2年)12月19日没。享年92。