足利義博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

足利 義博(あしかが よしひろ、生没年不詳)は、鎌倉時代後期の武士。吉田義博、石橋義博とも呼ばれる。

足利義利(広沢太郎義利)の子で足利家氏は祖父にあたる。母は家女房。通称は三郎で、吉田三郎義博と称す。「吉田」の家号は三河国吉田郷が由来とされるが詳細は不明。子に石橋氏の祖・石橋和義がいる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 小川信『足利一門守護発展史の研究』(吉川弘文館、1980年)
  • 今谷明藤枝文忠編『室町幕府守護職家事典〔上〕』(新人物往来社、1988年)