赤根谷達雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤根谷 達雄(あかねや たつお、1956年 - )は、日本政治学者。専門は、国際政治経済学安全保障論。

略歴[編集]

秋田県秋田市生まれ。東京大学教養学部卒業、同大学院社会学研究科修士課程国際関係論専攻修了、1990年オーストラリア国立大学で博士号取得。東京大学教養学部助手(1989-92年)、筑波大学社会工学系専任講師(1992-96年)、同助教授 (1996-00年)、同教授(2000-01年)を経て、現在は筑波大学大学院人文社会科学研究科教授。

1993年、『日本のガット加入問題』でサントリー学芸賞を受賞。1995年から96年まで王立国際問題研究所客員研究員を務めた。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日本のガット加入問題――「レジーム理論」の分析視角による事例研究』(東京大学出版会, 1992年)

共編著[編集]

  • 落合浩太郎)『「新しい安全保障」論の視座――人間・環境・経済・情報』(亜紀書房, 2001年/増補改訂版, 2007年)
  • (落合浩太郎)『日本の安全保障』(有斐閣, 2004年)