財政破綻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

財政破綻(ざいせいはたん、英:Economic_collapse)とは、政府が債務不履行に陥ることである。すなわち、政府が対外債務(国債、地方債のこと)の利払いや、元本償還ができなくなったことである。[1]

財政破綻と財政危機の関係[編集]

IMFのワーキングペーパー「Fiscal Crises(2017.1)」においては、 財政危機を「政府による例外的措置の実施を招くような財 政的困窮状態の高まりが続く期間」とし、その種類として、①信用事由(債務の返済の不履行等)、②例外的な公的財政支 援(IMFからの多額の財政支援)、③潜在的な財政破綻(ハイパーインフレ等)、④市場からの信認の喪失(市場からの資金 調達の困難化等)を挙げている。

日本政府の発行する国債の債務不履行(デフォルト)の可能性[編集]

1. 日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。[2]

2. 次の3つのどの方策によっても簡単に日本国債の債務不履行は回避できる。

  (1) 新たな国債を発行して政府の日銀当座預金に得た財源で、過去の 国債の元金と金利を支払う事を繰り返す。(借り換え続ける。

  (2) 政府貨幣を発行して政府の日銀当座預金に得た財源で、国債の元 金と金利を支払う。(政府の通貨発行権を活用する。

  (3) 日本銀行が国債を民間銀行から買い取り、政府は日本銀行保有の 国債の元金も金利も返済しない。(国債本位制として通貨制度を運用する。)

外部リンク[編集]

  1. ^ “[https://www.konan-u.ac.jp/hp/econ_ehiro/zemi/zemi2013/zemi2_2013/20140108report_publicfinance.pdf 第43回インゼミ報告書 日本の財政は破綻するのか?]”. 2020年9月30日閲覧。
  2. ^ 外国格付け会社宛意見書要旨”. 財務省. 2021年6月18日閲覧。