谷口由美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

谷口 由美子(たにぐち ゆみこ、1949年(昭和24年)1月9日[1] - )は、日本翻訳家。主にアメリカ児童文学の翻訳を行っている。本名、玉田由美子[1]

山梨県出身。上智大学外国語学部英語文科卒業後、アメリカへ留学。帰国後、翻訳活動に専念。ローラ・インガルス・ワイルダービバリー・クリアリーなどの児童文学の翻訳が多い。

著書[編集]

  • 『大草原のローラに会いに-「小さな家」をめぐる旅-』(求竜堂 1996年)

主な翻訳[編集]

ビバリー・クリアリー作品(全てあかね書房
  • 『子ねずみラルフのぼうけん』(1976年)
  • 『子ねずみラルフ第二のぼうけん』(1977年)
  • 『子ねずみラルフ家出する』(1985年)
  • 『ヘンショーさんへの手紙』(1984年)
  • 『リー・ボッツの日記―走れ、ストライダー』(1993年)
ローラ・インガルス・ワイルダー作品

ローラ物語(全5巻・岩波少年文庫、2000年)

  • 『長い冬』
  • 『大草原の小さな町』
  • 『この楽しき日々』
  • 『はじめの四年間』
  • 『わが家への道―ローラの旅日記』

ワイルダー作品・その他

その他

など多数。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.456