谷口あかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たにぐち あかり
谷口 あかり
本名 谷口あかり
生年月日 (1983-05-13) 1983年5月13日(35歳)
出生地 長崎県の旗長崎県西海市
国籍 日本の旗 日本
血液型 A型
職業 女優・バレエダンサー・姿勢セラピスト
ジャンル 舞台
事務所 株式会社acali
公式サイト http://acali.co.jp/talent/190/

谷口 あかり(たにぐち あかり、1983年5月13日- )は、長崎県西海市出身のミュージカル女優バレエダンサー、姿勢セラピスト

人物・略歴[編集]

1992年に谷ロバレエ研究所でバレエを習い始め、1997年、バレエ団えぽっくに入団。谷口登美子に師事。

2000年玉川学園高等部を中退ロシアにバレエ留学。モスクワ国立アカデミー舞踊学校(ボリショイバレエ学校)に入学。2002年のNBAバレエコンクールジュニアの部で、6位入賞。

2003年にモスクワ国立アカデミー舞踊学校を卒業し、2004年にNBAバレエ団に入団。2005年第5回まちだ全国バレエコンクールシニアの部で入賞。2006年、第6回まちだ全国バレエコンクールシニアの部で、ベストまちだ賞を受賞。

2007年に劇団四季に入団。「ミュージカル李香蘭」で初舞台を踏む。2009年、ミュージカル「春のめざめ」初演時に、ヒロインのベンドラ役のオリジナルキャストの一人として名前が上がり、林香純に続き日本公演2代目ベンドラとして出演。 その他、「キャッツ」シラバブやランペルティーザ、「サウンド・オブ・ミュージック」リーズル、「マンマ・ミーア!」ソフィなどに抜擢されている。

コーラスライン2013年公演では、主要役の一人ディアナとしてデビュー。

2013年末で劇団四季を退団し、女優業を休業していたが、2015年に舞台女優としての活動を再開。ブロードウェイミュージカル『VIOLET』で日本初演のタイトルロールを務めるなど、舞台を中心に活動している。

劇団四季での出演作品[編集]

劇団四季退団後の出演作品[編集]

  • ミュージカル「ソーォス!」(2017年7月、全労済ホールスペース・ゼロ) - 吉田潤喜の次女エリカ


  • ミュージカル「KAGUYA」 (2017年9月、ゆめまち劇場)


  • ミュージカル「オズの魔法使い」 (2017年10月、ノクティーホール)

関連情報[編集]

関連項目[編集]