谷中聰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
谷中 聰
やなか さとし
生年月日 1960年12月4日
出生地 茨城県八千代町坪井
没年月日 (2020-07-20) 2020年7月20日(59歳没)
出身校 東京農業大学農学部
所属政党 無所属
公式サイト ともに歩む 大好きな八千代町のために 谷中さとし後援会事務所

当選回数 1回
在任期間 2019年2月9日 - 2020年7月20日
テンプレートを表示

谷中 聰(やなか さとし、1960年12月4日 - 2020年7月20日)は、日本政治家。元茨城県八千代町長(1期)。

経歴[編集]

茨城県八千代町坪井生まれ。茨城県立下妻第一高等学校卒業。1983年(昭和58年)3月、東京農業大学農学部卒業。同年4月、八千代町役場に入庁。秘書公室長、秘書課長、産業振興課長などを歴任[1]

2017年(平成29年)7月、副町長に就任。2018年(平成30年)9月、八千代町長の大久保司が次期町長選に出馬せず引退することを表明。あわせて谷中を後継指名した[2]。同年同月、副町長を辞職。

2019年(平成31年)1月20日に行われた八千代町長選挙に立候補し、自由民主党推薦の元町議の水垣正弘、元町議の国府田利明らを破り初当選を果たした[3]。2月9日、町長に就任。

2020年(令和2年)7月20日、がんのため任期中に死去した[4]

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール | 八千代町 | 谷中さとし後援会事務所
  2. ^ 八千代町長が引退表明 後継に副町長を指名”. 東京新聞 (2018年9月13日). 2019年3月21日閲覧。
  3. ^ 八千代町長選挙 - 2019年1月20日投票 | 候補者一覧 | 政治山
  4. ^ “谷中八千代町長が死去 就任1年半、59歳 子育て支援に尽力”. 茨城新聞. (2020年7月21日). https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15952534528362 2020年7月22日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
大久保司
Flag of Yachiyo Ibaraki.JPG 茨城県八千代町
2019年 - 2020年
次代:
野村勇