謝弼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

謝弼(しゃ ひつ、生没年不詳)は、後漢官僚は輔宣[1]本貫東郡東武陽県[2]

経歴[編集]

実直公正な人柄で郷里では宗師と仰がれていた。169年建寧2年)、霊帝が有道の士を推挙するよう詔を下すと、謝弼は陳敦や公孫度とともに回答し、みな郎中に任じられた。

ときに青蛇が洛陽の前殿に現れ、大風によって木が抜けるといった怪事があったことから、霊帝は公卿以下に詔を下してその得失を論じさせた。謝弼は妖異を天の譴責とみなして、姦臣を排除し、陳蕃王暢李膺らを朝政に復帰させるよう求めた。

このため謝弼は霊帝の側近の宦官たちに憎まれ、広陵府丞に左遷された。謝弼は官を去って家に帰った。

中常侍曹節の従子である曹紹が東郡太守となると、謝弼を憎んで収監させた。謝弼は拷問を受けて獄中で死去した。191年初平2年)、司隷校尉の趙謙が謝弼の忠節を訴え、名誉回復させると、曹紹を収監してこれを斬り捨てて、棄市させた。

脚注[編集]

  1. ^ 范曄後漢書』謝弼伝による。謝承『後漢書』は字を輔鸞とする。
  2. ^ 范曄『後漢書』謝弼伝による。謝承『後漢書』は東郡濮陽県の人とする。

伝記資料[編集]