角閃岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

角閃岩 (かくせんがん、amphibolite, hornblende schist)は、普通角閃石(hornblende)と斜長石(plagioclase)を主成分とする変成岩塩基性火成岩変成作用を被ったとされる岩石。鉄ばん柘榴石を含むものはザクロ石角閃岩という。

なお、普通角閃石を主成分とする火成岩は、角閃石岩英語版という。

参考文献[編集]

  • 坪井誠太郎 『岩石学I』(岩波全書 91、1950年)
  • 都城秋穂久城育夫 『岩石学II-岩石の性質と分類』(共立全書 205)
  • 都城秋穂、久城育夫 『岩石学III-岩石の成因』(共立全書 214)
  • 黒田吉益諏訪兼位 『偏光顕微鏡と岩石鉱物 第2版』(共立出版、1983年、ISBN 4-320-04578-5
  • 豊遙秋青木正博 『検索入門 鉱物・岩石』(保育社、1996年、ISBN 4-586-31040-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]