角章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

角 章(かど あきら、1958年8月14日[1] - )は日本のアーティスト空間デザイナー[2]東京出身[1]。父は洋画家角浩[3]

人物[編集]

10代より[2]油絵と日本画材を取り入れた作品を発表。毎日現代日本美術展など。

現代形象展や、東京美術倶楽部のニューアーティストウェーブ展などにも招待出品。草月会館ストライプハウス美術館などでの個展多数。

20代より、多くのパブリックな施設の壁画や、空間のアートディレクションを手がける(沖縄西武オリオンホテル、マツダオート東京など)。

また、フジサンケイグループの主催したイベント「コミュニケーションカーニバル 夢工場'87」では、トータルの環境デザインプロデュースを手がける。

横浜博覧会ストリートペインティング受託。

平成を創るアーティストとして「AERA」で見開き紹介その他各媒体に取り上げられる。

主なる作品[編集]

  • 広島県 府中市子供の国「POM」全体環境計画 都市景観賞・造形部門受賞
  • 長野県 飯田市三連蔵 整備事業プロデュース
  • 茨城県 日立市角記念市民ギャラリー

主なる建築プロデュース作品[編集]

  • カルテットビル (西麻布)
  • ヴァビル (渋谷区東)
  • ガーディアン (西麻布)
  • 商業施設ビル「連」 (西中洲)

飲食空間のアートディレクション[編集]

  • 六本木 - 「ネオジャパネスク」、「パラディッソ」
  • 青山 - 「MANBOWS」
  • 芝浦 - 「TANGO」、「GOLD」
  • 門前仲町 - 「深川座」等。

企画から空間に至る代表作品[編集]

  • 西麻布
    • 「SOBAR」
    • 「THESE」
    • 「カサデルハポン」
  • 六本木
    • ミッドタウン「サロンバーYOL」
    • 「未来画廊」
  • 銀座
    • 「IRODORI」[2]

テレビ・ラジオの出演[編集]

  • テレビ朝日OH!エルくらぶ」 レギュラー
  • TBS 「天下ご免」 アート審査員セミレギュラー
  • 日本テレビ 「東京遊民」 コメンテーター セミレギュラー
  • 日本テレビ 「狸穴東京」[1] コメンテーター
  • 単発ではNHKBS2真夜中の王国」の番組企画および出演
  • WOWOW 「パイナップル」 コメンテーター
  • WOWOW 「街伝説 西麻布」 番組企画および出演

雑誌などの連載[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]