バガボンド (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

株式会社バガボンド(英:Vagabond Co.,Ltd.)は、「FirstClass」を使用したパソコン通信等の情報通信サービスおよび情報提供サービス等を行っていた、かつて存在した日本の企業。

平成15年(2003年)にネットアンドセキュリティ総研株式会社へ商号変更された。

なお、井上雄彦による同名の日本の漫画作品とは無関係である。

概要[編集]

有限会社バガボンド[編集]

平成7年(1995年)10月に、アーティストで空間プロデューサーの角章と中込知野が、南青山にあった角章の自宅にて有限会社バガボンドを設立登記し、初代社長は中込知野が就任した。

iMacWindows95の登場によって先進的なクリエーターがPCを利用することが増えてきたため、「おうちで遊び場をつくろう」を合言葉に、パソコン通信で遊べる環境を提供開始した。

パソコン通信のサービス名である「Vagabond23」は、「東京23区の放浪者」を意味する。

当初は資金的に余裕がなく、既存のパソコン通信のプラットフォームである「FirstClass」をベースに構築していた。

Vagabond23は、スタート段階から『東京遊民』(日本テレビ)『パイナップル』(WOWOW)とタイアップし、「ネット裏」として番組の裏情報を発信していた。

グラフィカルな画面とリッチな音声(シタールの調べにクリス・ペプラー氏が「Vagabond23」と発生する音声ロゴでスタートしていた)は、既存のパソコン通信とは全く違った世界観を創造し、注目を集めていた。

森永博氏、野村よっちゃん、林家ペー、林家パー子、などの文化人や東京スポーツ週刊文春などのゴシップまでオールタナティブでエッジィなコンテンツを随時更新しており、パソコン通信をオタクの世界からおしゃれな世界へイメージ転換させることに成功したことで、創業翌年の平成8年(1996年)には、NTTが選ぶ3大ネット企業に選出された。

株式会社バガボンド[編集]

パソコン通信時代のISDN回線からインターネット回線の普及に伴いプラットフォームを移行し、コンテンツを更に充実させて事業拡大するため、平成9年(1997年)1月に「株式会社バガボンド」へ組織変更し、取締役会を設置するなど経営体制を大きく変更した。

当初の発行済株式数は800株(額面5万円)であったが、平成13年には約10倍の8,349株となり、資本金は最大で4億1,745万円まで増資された。

平成15年(2003年)5月に「エッジ株式会社(旧:オン・ザ・エッヂ、後の株式会社ライブドア=LDH)」に全株式を譲渡し、平成15年(2003年)12月には「ネットアンドセキュリティ総研株式会社」に社名が変更登記され、「株式会社バガボンド」の商号は消滅した。

脚注・出典[編集]

・閉鎖事項全部証明書を閲覧