角田政芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

角田 政芳(すみだ まさよし、1949年 - )は、日本の法学者東海大学教授。専門は知的財産法で、研究テーマは、知的財産権の間接侵害・用尽理論・職務発明均等論ファッションローである。佐賀県出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

在外研究等[編集]

著書[編集]

  • 『アルマ知的財産法』共著(有斐閣、2000年)
  • 『知的財産権六法』編集(三省堂)
  • 『知的財産権事典』編集(丸善)
  • 『知的財産権小六法』(成文堂)
  • 『特許法50講(有斐閣双書)』共著(有斐閣)
  • 『工業デザインと国際意匠法』共著(中央経済社、1980年)
  • 『商標の保護-アメリカ商標法・不正競争防止法を中心にして』共著(発明協会、1981年)
  • 『注釈特許法』共著(有斐閣、1986年)
  • 『Patent Infringement Worldwide』共著(ドイツHeymanns、2009年)
  • 『著作権法コンメンタール2(第2版)』共著(勁草書房、2015年)
  • 『ファッションロー』共著(勁草書房、2017年)

論文[編集]

  • 『特許権の擬制侵害』
  • 『著作権の間接侵害理論-序説-』
  • 『商標権の間接侵害理論について』
  • 『著作権の用尽』
  • 『私的録音録画補償金と著作権の間接侵害法理』
  • 『ファッションショーにおけるモデルのメイクアップ、衣服等のコーディネート、ポーズ等の法的保護』
  • 『実用品デザインの著作物性について』
  • 『リーチサイトと著作権の間接侵害』

所属学会[編集]

  • 日本工業所有権法学会(理事)
  • 著作権法学会
  • 日本土地法学会
  • 日本経済法学会
  • 私法学会
  • International Association for the Advancement of Teaching and Research in Intellectual Property(ATRIP)会員
  • 日本知財学会

報道等[編集]

外部リンク[編集]