覚助 (僧)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

覚助(かくじょ、長和2年(1013年)- 康平6年11月11日1063年12月3日))は、平安時代中期の天台宗。父は左京大夫藤原道雅

園城寺(三井寺)で行円心誉に師事して密教を学び、花王院に住した。大納言源経長の妻の病気平癒を祈願して霊験があったとされ、また花王院で冷泉を湧かせて法泉房と称されたと伝えられている。晩年の康平5年(1062年)に四天王寺別当に就任している。