見返り美人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
見返り美人
中島みゆきシングル
初出アルバム『36.5℃(#1)』
B面 どこにいても
リリース
ジャンル J-POP
レーベル キャニオン・レコード
作詞・作曲 中島みゆき
チャート最高順位
中島みゆき シングル 年表
あたいの夏休み
1986年
見返り美人
(1986年)
やまねこ
(1986年)
収録アルバム36.5℃
HALF
(7)
見返り美人
(Album Version.)
(8)
白鳥の歌が聴こえる
(9)
テンプレートを表示

見返り美人」(みかえりびじん)は、中島みゆきの19作目のシングル1986年9月21日キャニオン・レコードよりリリースされた。

解説[編集]

表題曲の「見返り美人」は14作目のオリジナルアルバム『36.5℃』にアルバムバージョンで収録されたのち、CDビデオ中島みゆき CDV GOLD』にプロモーションビデオが収録。[1]シングルバージョンは2作目のベストアルバム『Singles』にてアルバム初収録となり、3作目のベストアルバム『中島みゆき PRESENTS BEST SELECTION 16』にも収録されている。また、26作目のシングル「トーキョー迷子」には本曲のアレンジバージョンである「見返り美人 (New Version)」が収録された。

詞の内容からだと、いつか美人になって相手を見返してやろうという歌なので「見返し美人」というのが正しいが、誤字を避けるために「見返り美人」にした。

当初は中森明菜に提供される予定だったが、その計画は頓挫したという。

カップリングの「どこにいても」も『Singles』にてアルバム初収録となった曲である。また、32作目のオリジナルアルバム『いまのきもち』には瀬尾一三編曲のもと、セルフカバーバージョンが収録され、オリジナルアルバム収録は初なので、アルバムバージョンとも言えなくはない。

概要[編集]

このシングルからアナログ形態で2種類発売され、シングル・カセットには初めてオリジナル・カラオケが収録される。

ジャケット写真は、実は鎖骨のクボミを強調するためスタジオの床に寝た状態で写されている。

収録曲[編集]

  1. 見返り美人
  2. どこにいても
    • 作詞・作曲:中島みゆき、編曲:萩田光雄

収録アルバム[編集]

カバー[編集]

見返り美人

関連項目[編集]

  1. ^ http://miyuki-lab.jp/disco/soft/vt_01.shtml