西町の稲荷堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
西町の稲荷堂
西町の稲荷堂
西町の稲荷堂
所在地 愛知県小牧市小牧4丁目3番地
位置 北緯35度17分22.01秒
東経136度55分17.32秒
主祭神 豊川稲荷
本殿の様式 権現造
テンプレートを表示
西町の稲荷堂の鳥居
西町の稲荷堂

西町の稲荷堂(にしまちのいなりどう)は、愛知県小牧市にある稲荷堂

歴史[編集]

この建物が造られたのは、1787年天明7年)。現在の名古屋市東区にある、尾張徳川家菩提寺である建中寺の中の霊廟の1つとして建てられた。それが1875年明治8年)に、現在の場所に移築された。その後1901年(明治34年)に、豊川稲荷が祀られるようになる。その際、建物の一部が改造された。しかしそれ以外の部分はほぼ建てられた当初のままで残っており、当時を知る貴重な資料となっている。建物の管理は、現在、小牧豊川閣奉賛会が行っている[1]。また1978年昭和53年)3月25日に、小牧市の指定有形文化財に指定されている。

年表

所在地[編集]

愛知県小牧市小牧4丁目3番地

交通手段[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ こまき新百景 > 神社仏閣(株式会社小牧サービス)

外部リンク[編集]