西田正好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西田 正好(にしだ まさよし、1931年1980年3月7日[1])は、国文学者、文芸評論家。 愛知県出身。1954年早稲田大学文学部国文科卒。56年同修士課程修了、金城学院大学講師、62年愛知淑徳短期大学助教授、75年愛知淑徳大学教授。中世文学専門だが、はばひろく日本文学や仏教について書いた。49歳で死去。

著書[編集]

  • 『仏教と文学 中世日本の思想と古典』桜楓社 1967
  • 『日本の美 その本質と展開』創元社 1970
  • 『無常観の系譜 日本仏教文芸思想史 古代・中世編』桜楓社 1970
  • 『乱世の精神史 中世日本の思想と文化』桜楓社 1970
  • 『中世の残照』桜楓社 1971
  • 『日本文学の自然観 風土のなかの古典』創元社 1972
  • 『私小説再発見 伝統継承の文学』桜楓社 1973
  • 『中世のこころ 日本精神史の先覚者たち』現代文化社 1975
  • 『文学論入門 文学思想のエンサイクロペディア』現代文化社 1975
  • 『無常の文学 日本的無常美感の系譜』塙新書 1975
  • 『乱世の精神史 中世日本の思想と文化』現代文化社 1975
  • 利休芭蕉 「わび」と「さび」の源流』桜楓社 1975
  • 『無常観の伝承 日本仏教文芸思想史 近世・近代編』桜楓社 1976
  • 一休 風狂の精神』講談社現代新書 1977
  • 『日本のルネッサンス その美と芸術』塙書房 1977
  • 『花鳥風月のこころ』新潮選書 1979
  • 『日本美の系譜』創元社 1979
  • 『神と仏の対話 神仏習合の精神史』工作舎 1980

参考[編集]

  • 「西田正好先生の学問」都築久義 愛知淑徳大学国語国文 1981-01-15

[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表 日本人編』日外アソシエーツ