西川藤吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西川 籐吉(にしかわ とうきち、1874年(明治7年)3月17日 - 1909年(明治42年)6月22日)は、日本の真円真珠養殖研究者真円真珠発明者。大阪府出身。

生涯[編集]

見瀬辰平とともに真円真珠を発明した研究者として知られている。西川式・ピース式と呼ばれ、現在の真珠養殖の技術の基礎となっている。東京帝国大学で水産動物学を専攻し1897年(明治30年)に卒業した後、農商務省水産局技師として、箕作佳吉飯島魁両博士の指導の下、真円真珠養殖およびアワビの人工授精の研究に従事した。御木本研究所で本格的な真珠の研究にはいり、真円真珠形成の原理を解明した。

1903年(明治36年)、御木本幸吉の次女を嫁に貰う。又、この年の3月1日から6月30日迄開かれた第五回内国勧業博覧会の堺会場に設置された博覧会付属堺水族館に主幹として参画した[1]

1905年(明治38年)、御木本研究所において本格的な真円真珠の研究に従事する。1907年(明治40年)、真円真珠を養殖する方法の一連の特許を出願。見瀬辰平との間で特許権抵触問題が起きる。1908年(明治41年)、御木本の研究所を去り、淡路の自家実験所と三崎の東京帝大臨海実験場で研究を続けた。

1909年(明治42年)、東京の自宅で癌のため死去。特許が登録されたのは没後のことである。

出典[編集]

  1. ^ 堺市談会編輯局 『堺水族館記』 堺市談会編輯局、1903年8月。

参考文献[編集]

  • 久留太郎 真珠の発明者は誰か? (勁草書房, 1987年10月 ISBN 4-326-95100-1)