西宮事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
事件が発生した兵庫県西宮市の位置
監禁暴行事件の現場となった西宮市役所

西宮事件(にしのみやじけん)とは、部落解放同盟兵庫県連合会が1973年兵庫県西宮市で起こした暴力事件である[1]西宮市役所占拠事件[2]西宮市役所不法占拠事件[3]とも呼ばれる。

概要[編集]

兵庫県における部落解放運動は、戦後長らく統一組織を持たなかった[1]。しかし、尼崎市の今北支部、西宮市の芦原支部、神戸市の番町支部、宝塚市の米谷支部ならびに西蔵人支部が部落解放同盟兵庫県支部連絡協議会を結成し、この協議会が1973年5月に部落解放同盟中央本部と直結することになった[1]

1973年、部落解放同盟兵庫県連合会が誕生し、窓口一本化を求めて同年9月中旬から西宮市庁舎を約200日間にわたり占拠、市の幹部を監禁暴行した[1]。大量の外人部隊も投入されたが、日本共産党の指導下にある芦原支部らの抵抗で最終的に窓口一本化は実現しなかった[1]

このとき但馬からの動員に加わっていたのが部落解放同盟兵庫県連合会沢支部長のMであった[1]。Mは西宮事件を通じて暴力糾弾を学び、その成果を南但馬で実践した[4]。それが元津事件八鹿高校事件であった[4]と日本共産党は主張している。

部落解放同盟による自作自演[編集]

部落解放同盟は、但馬地方など兵庫県内各地から動員してきた被差別部落民を西宮市の芦原部落に入れ、「エッタのみなさん、ヨツのみなさん」と宣伝車で放送しながらデモをおこない、地元の被差別部落民を挑発していた[5]

これに対して、正常化連事務局長であり共産党員の中西義雄は「これはまさに悪質な謀略の手口である。かれらが暴力を正当化するためにどんな破廉恥なこともあえてやる集団であるということをしめしている。朝田派こそ、"部落解放"を口にしながら、暴力で部落住民にたいする恐怖心をあおりたてて差別を助長する、差別者集団なのだ」と批判した。[5]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 兵庫人権問題研究所編「今、あらためて八鹿髙校事件の真実を世に問う : 一般社団法人兵庫人権問題研究所開所40周年記念 : 「八鹿高校事件」40周年」(兵庫人権問題研究所, 2014)pp.170-171
  2. ^ 杉之原寿一『部落問題の解決: 国民融合の視点から』p.85
  3. ^ 中西義雄『部落解放への新しい流れ』p.84
  4. ^ a b 第075回国会 法務委員会 第11号 昭和五十年三月十二日(水曜日)
  5. ^ a b 中西義雄『部落解放への新しい流れ』p.84。