西口茂男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西口 茂男(にしぐち しげお、1929年 - 2017年9月12日)は、日本ヤクザ指定暴力団住吉会総裁。タレントの田代まさしは甥。(厳密には義理の甥。)


略歴[編集]

  • 戦後間もなくして芝浦の住吉一家向後平(向後初代)の若者となる(昭和20年代)
  • 昭和31年(1956年)3月6日、東京都台東区浅草の妙清寺で、葬儀中に、住吉一家向後初代向後平大日本興行初代・高橋輝男が拳銃で壮絶な撃ち合いとなり、向後平と高橋輝男並びに大本興行幹部桑原優などの3人が射殺された。
  • 昭和31年(1956年)3月6日の浅草妙清寺抗争事件により西口茂男は服役
  • 昭和40年(1965年)頃、向後二代目を継承したのち拠点を芝浦から杉並区高円寺に移した。
  • 平成3年(1991年)2月・西口茂男が住吉連合会会長に就任した後に住吉一家六代目を継承。それに伴い向後二代目代貸の早川守に向後三代目を継承。
  • 平成3年(1991年)・西口茂男は住吉連合会の各一家親分との親子血縁盃を行い住吉会と改称。
  • 平成4年(1992年)6月23日・東京都公安委員会から指定暴力団に指定。
  • 平成7年(1995年)7月・極東会住吉会は親戚となる。
  • 平成10年(1998年)6月・西口茂男は住吉一家六代目総長のまま、住吉会理事長(住吉一家小林会二代目会長)福田晴瞭に住吉会会長を継承。
  • 平成14年(2002年)1月・住吉会総裁に就任[1]。 
  • 平成17年(2005年)4月・住吉会会長福田晴瞭は、住吉会総裁住吉一家六代目総長 西口茂男の指名により住吉一家七代目を継承したことで、住吉会総裁西口茂男親分の事実上の跡目となった。

 ※注 住吉会の親分は西口茂男総裁であり盃直しは行われていない。

  • 平成29年(2017年)9月12日、東京都内の病院で死去[2]

法規命令[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 住吉会総覧
  2. ^ “住吉会トップの西口茂男総裁が死去 88歳、病死か”. 朝日新聞. (2017年9月12日). http://www.asahi.com/articles/ASK9D33M8K9DUTIL00P.html 2017年9月12日閲覧。 
  3. ^ Treasury Sanctions Members and Associates of Japanese Criminal Organization アメリカ合衆国財務省[リンク切れ]
先代:
向後 平
住吉一家向後
二代目: 19** - 1991
次代:
早川 守
先代:
堀 政夫
住吉一家総長
六代目: 1991 - 2005
次代:
福田晴瞭
先代:
川口喨史(住吉連合会)
住吉会会長
初代: 1991 - 1998
次代:
福田晴瞭
先代:
住吉会総裁
初代: 2002 - 2017
次代: