西倉和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西倉 和子(にしくら かずこ)は、日本分子生物学者米国ウィスター研究所教授RNA編集と遺伝子サイレンシングの分野で世界をリードする学者である。miRNAがRNA編集酵素の基質である事を発見し、これが脳機能や代謝調節にも関わっていることを証明した。最近(2013年現在)では、RNA編集を触媒するADAR1とRNA干渉装置であるDicerとの物理的結合とその意義を明らかにした。[1]   

経歴[編集]

スタンフォード大学を経て、

関連リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース