裏窓 (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

裏窓』(うらまど)とは、久保書店が発行していたSM・アブノーマル雑誌。カストリ雑誌の代表。1956年(昭和31年)1月に「かっぱ」という誌名で創刊されたが、光文社からクレームが入り、同年10月に「裏窓」に改題された。初代編集長は須磨利之、2代目は濡木痴夢男(飯田豊一)が務めた。「裏窓」としては1965年末(1966年1月号)まで発刊され、1966年(昭和41年)に『サスペンスマガジン』に改題し、1980年(昭和55年)まで続いた。

須磨は大阪で「奇譚クラブ」の編集に関わっていたが、「風俗草紙」出すために東京に招かれていた。風俗草紙だけでは仕事が安定しないので、「裏窓」も出すことになった。濡木も「奇譚クラブ」や「風俗草紙」に関わった後、須磨の誘いで「裏窓」の編集長になっている。裏窓は当初は大衆小説誌だったが、濡木が編集長になった頃からSMを始めとしたマニア雑誌になっていった[1]

編集部には浦戸宏椋陽児がいた。

なお、1958年(昭和33年)2月に増刊号の形で、『裏窓臨時増刊第5集 耽奇小説』も出ている。同号は後に独立し『耽奇小説』になった。『裏窓』増刊号として3冊、『耽奇小説』として6冊、合計9冊発行された。

脚注[編集]

  1. ^ 「『奇譚クラブ』とその周辺」(河出文庫)。

関連項目[編集]