處女峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
處女峰
監督 木村恵吾
脚本 新藤兼人
原作 富田常雄
製作 土井逸雄
出演者 上原謙
轟夕起子
乙羽信子
若山セツ子
音楽 斎藤一郎
主題歌 乙羽信子
「處女峰」
撮影 峰重義
編集 辻井正則
製作会社 大映東京
配給 大映
公開 1950年12月1日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

處女峰』(しょじょほう)は1950年日本映画。原作は富田常雄の同名小説。『処女峰』とも表記される。

宝塚歌劇団を退団し、大映に入社した乙羽信子の映画デビュー作である[1]

ストーリー[編集]

会社社長・谷口英助には3人の美しい娘がいる。長女・梢は勝ち気な現代女性であるのに対し、次女・葉子は控え目でおとなしく、三女・花世は甘えん坊でわがままと、3姉妹はそれぞれ性格が異なっていたが、3人揃って青年実業家・松崎を愛していた。松崎は梢が子供の頃に親同士の決めた許嫁であったが、松崎が愛しているのは葉子だった。

松崎から完全に子供扱いされ、失恋した花世は、街で偶然出会ったバイト学生・片岡と付き合うようになり、毎晩、夜遊びをするようになる。一方、梢は松崎から一方的に婚約を解消させられる。納得できない梢は松崎を追いかけるが、松崎の気持ちが変わらないことを知ると、1人、熱海の街に降り立つ。傷心の梢の前に、かねてより梢を狙っていた札付きのプレイボーイ・佐藤が偶然現れると、やけになった梢は佐藤と一夜を共にする。しかし、このことをネタに梢は佐藤に脅迫されるようになり、関係をずるずると続けることになる。

そんなある日、葉子が見合いをすることになる。ところが、その相手が松崎の親友・牧だったことから、松崎の頼みで牧は見合いの席から葉子を逃がし、松崎と引き合わせる。松崎と葉子は互いの思いを確かめ合う。一方、葉子に付き添っていた梢は牧と意気投合し、やがて2人は愛し合うようになる。

佐藤と縁を切りたい梢は、佐藤からの要求にしたがい、手切れ金として父親の小切手を勝手に使うが、小切手が換金される前に、一連の事情が父・英助に伝わってしまう。英助は梢を家の恥と激しく叱責し、勘当を言い渡すが、その直後、心臓発作で亡くなってしまう。

父の死に責任を感じ、自分を責める梢の前に、追い討ちをかけるように牧が現れ、佐藤から梢との手切れ金を要求された事実を伝えると、梢に別れを告げて去って行く。傷心の梢は家を出て行方をくらます。葉子は牧を説得するために大阪に向かう。一方、片岡が佐藤にそそのかされて罪を犯し、警察に出頭したことを知った花世は、片岡との別れを決める。

葉子の説得も空しく、牧は梢を愛するが故に梢との関係修復を拒むが、そこに梢が自殺を図り、危篤状態にあるとの電報が届く。一命をとりとめた梢は、松崎の説得により、牧に会いに大阪に向かう。そこに大阪から牧がやって来る。再会した梢と牧は愛を確認し合う。そして、松崎と葉子も改めて愛を確認し合う。

キャスト[編集]

  • 松崎紀一郎 - 上原謙: 青年実業家。出版社「昭文社」社長。
  • 谷口梢 - 轟夕起子: 谷口家の長女。松崎の許嫁。行動的。
  • 谷口葉子 - 乙羽信子: 谷口家次女。慎ましくおとなしい。
  • 谷口花世 - 若山セツ子: 谷口家三女。やんちゃ。
  • 谷口英助 - 清水将夫: 会社社長。梢ら三姉妹の父。心臓を患っている。
  • 谷口松枝 - 竹河豊子: 英助の妻。梢ら三姉妹の母。
  • 月峰 - 見明凡太朗: 梢らの叔父。画家。
  • 牧愛之助 - 二本柳寛: 葉子の見合い相手。松崎の親友。
  • 片岡幸夫 - 根上淳: 学生。花世と出会う。
  • 佐藤達次郎 - 田中春男: ごろつきの遊び人。梢に言い寄る。

主題歌[編集]

「處女峰」

参考文献[編集]

  1. ^ 處女峰”. KINENOTE. 2014年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]