藤田大五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤田 大五郎(ふじた だいごろう、1915年11月30日 - 2008年11月15日)は、能楽師(一噌流笛方)、日本芸術院会員、人間国宝

人物[編集]

1915年11月30日東京市上野に生まれる[1]。藤田家は加賀藩に仕える笛方の家系で、父は藤田多賀蔵。12代一噌又六郎に師事し、1929年に初舞台を踏む。第二次世界大戦時には軍に召集され、兵役を務めた。

復員後は舞台に復帰し、「松風」で芸術祭優秀賞、1971年「鷺」で同大賞を受賞した。1981年には重要無形文化財「能囃子方笛」の保持者に各個認定された(いわゆる人間国宝)。1987年に勲三等瑞宝章受章[2]。また1986年に日本芸術院会員、2005年文化功労者にそれぞれ選ばれた。日本能楽会理事、東京芸術大学講師なども務めている。

2008年11月15日老衰のため自宅にて死去した。92歳没 。

脚注[編集]

  1. ^ 藤田大五郎 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」コトバンク 2018年7月9日閲覧。
  2. ^ 「秋の叙勲に4575人 女性が史上最高の379人」『読売新聞』1987年11月3日朝刊