藤田サトシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤田 サトシ(ふじた サトシ、1959年1月5日 - )は日本作家。自称デートドクター。本名非公開。

経歴など[編集]

東京都生まれ。獨協大学 卒業。モテない男のナンパ塾&婚活塾 塾長。エクシオジャパン講師。


藤田サトシ(藤田諭)のナンパ塾・婚活&モテ塾の歴史

2002年→日本で初めてとなるナンパ塾を開業

2003年→もの珍しさでTV番組などに取り上げられて大ブレイク

2004年→更なる顧客獲得の為に、マジックやカードなどに手を出し始めて、売上を大幅に伸ばしてゆく

2005年→年収は2500万円を超えて、自分の持っている能力以上に仕事がうまく行き過ぎてしまい、自分の実力以上の大きな収入を得ていたので、調子に乗って天狗になり始めた事により 、自分と相性が合わない塾生に対してキレて罵倒したり、講義の時に平気でオナラを連発したり、イラついたショップ店員さんに説教をしたりする様になる

2008年→ナンパ塾であるにも関わらず、ナンパ以外のセミナーや講義が多くなる(カラテカ入江慎也講座・FX講座・神社講座など)

2009年→ナンパ塾運営よりも大きな金額を稼げる「タロット占い」業界に参入して、タロット占いの習得費と称して多くの塾生から大金を集めるようになる

2010年→インターネットを使った起業ブームで、ライバルとなるナンパ塾が多数開業された事により、藤田塾の勢いが衰え始める

2014年→ライバルとなるナンパ塾に押されて、売り上げが大幅に減り始めて年収が激減した事により、 ナンパ塾の事業を縮小して、エクシオのセミナー講師や結婚相談所の斡旋事業に手を伸ばす

2016年→自身のナンパ塾の講師のやまちゃん(山崎良二)が淫行と盗撮容疑で逮捕される

2017年→ナンパ塾の名称を「婚活&モテ塾」と改めて、エクシオのセミナー講師や結婚相談所斡旋業にも力を入れたものの、出口の見えない経営不振に陥り続ける

2018年→集客力とブランド力のある大手企業(エクシオ)に頼らなくては生活ができなくなっている。

著書[編集]

NDLの簡易検索結果による[1]

  • 『「誘い」のスキルがみるみる上達する本』2003年 宝島社刊
  • 『モテない男のナンパ塾』2005年 講談社刊
  • 『藤田サトシ塾長のリアル彼女のつくりかた』2011年 イーグルパブリシング社刊
  • 『モテる会話 : 求められる男だけが知っている!』2011年 アスペクト社刊
  • 『恋は話し方が9割』2014年 泰文堂社刊

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]