藤本ますみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤本 ますみ(ふじもと ますみ、1938年9月3日 - )は、日本の秘書学者。旧姓は、宮内。夫はエスペラント学者の藤本達生

略歴[編集]

福井県生まれ。昭和女子大学短期大学部食物科卒業後、福井県勝山保健所の(栄養士)を経て、1966年より1974年6月まで梅棹忠夫の研究室秘書を務める。梅棹が、国立民族学博物館の初代館長に就任することになったため、退職。聖泉大学短期大学部(後に聖泉大学)助教授として、秘書関係科目を担当[1]。1989年より秘書教育研究会を発足させ、世話人として毎月の例会の運営に当たる。大阪工業大学にてビジネス・コミュニケーション関係科目を担当[2]

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『秘書実務 人間関係と情報・時間の管理』(シリーズセクレタリアルスタディーズ) 編著 ミネルヴァ書房 1991年
  • 『新秘書実務 人間関係と情報・時間の管理』(シリーズセクレタリアルスタディーズ) 編著 ミネルヴァ書房 1994年
  • 『秘書学概論 秘書の現場から理論へ』(シリーズセクレタリアルスタディーズ) 編著 ミネルヴァ書房 1994年
  • 『国際秘書実務 異文化間コミュニケーションとオフィスワーク』(シリーズセクレタリアルスタディーズ) 編著 ミネルヴァ書房 1995年
  • 『法律事務職員業務必携マニュアル』高田靖也梶真紀共著、秋山清人監修 日本法令 2009年

脚注[編集]

  1. ^ researchmap
  2. ^ 『法律事務職員業務必携マニュアル』著者紹介