藤原雅教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原雅教
時代 平安時代後期
生誕 永久元年(1113年
死没 承安3年2月11日1173年3月26日
改名 政範(初名)→雅教
官位 正三位中納言
主君 鳥羽天皇崇徳天皇近衛天皇後白河天皇二条天皇
氏族 藤原北家御堂流
父母 父:藤原家政、母:藤原顕隆長女
兄弟 雅教、行政、尊覚、覚安、道勝、
三条局、家子
正室:藤原顕能
雅長俊教公房、藤原実長室
テンプレートを表示

藤原 雅教(ふじわら の まさのり)は、平安時代後期の公卿藤原北家参議藤原家政の長男。官位正三位中納言

経歴[編集]

永久6年(1118年)に従五位下叙爵、以後各国の受領民部少輔/権大輔等を歴任する。また、鳥羽法皇の下で院庁別当を務めた。この功績により、仁平3年(1153年)に従四位下刑部卿に叙任され、久寿元年(1154年)には右中弁、久寿3年(1156年)には左中弁に蔵人頭を兼ねた。

保元元年(1156年)7月に発生した保元の乱においては、乱の勃発に先立ち後白河天皇からの命令を受け、藤原忠実頼長父子が全国の荘園からの武士の動員を禁ずる綸旨を、奏者として全国の国司に発給する役目を果たした。乱の後の論功によって、同年9月に参議兼左大弁に任じられ公卿に列した。

その後も、保元2年(1157年従三位、保元3年(1158年)正三位・権中納言永暦元年(1160年)中納言と急速に昇進するが、長寛元年(1163年)中納言を致仕し、永万元年(1165年8月14日に出家した。

系譜[編集]