藤原由規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 由規(ふじわら よしのり、1961年 - )は、日本の医師大学教授

概要[編集]

兵庫県加古郡出身、滝川高等学校卒業、兵庫医科大学医学部卒業[1]

24歳より医師として活動し、消化器消化管を専門領域とする[2]

2007年より兵庫医科大学医学部講師2010年より近畿大学医学部講師、2019年より近畿大学大学病院准教授、川崎医科大学医学部教授[3]2009年、ASCO Awardを受賞[4]

2017年には記事が山陽新聞のMEDICAに掲載され、の兆候と検診を受け早期に発見をし、治療をするということの重要性が述べられた[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 藤原 由規 | Facebook”. Facebook. 2019年8月6日閲覧。
  2. ^ 医療最前線vol51”. 川崎医科大学. 2019年8月6日閲覧。
  3. ^ 藤原 由規 Fujiwara Yoshinori”. KAKEN. 2019年8月6日閲覧。
  4. ^ 藤原 由規 - 研究者 - researchmap”. researchmap. 2019年8月6日閲覧。
  5. ^ 胃がん、食道がんは低侵襲手術 検診で早期発見を”. 山陽新聞. 2019年8月6日閲覧。