藤井千春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤井 千春(ふじい ちはる、1958年6月13日[1] - )は日本の教育学者、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。教育学博士

略歴[編集]

千葉県市川市生まれ[1]國學院高校同志社大学文学部文化学科哲学および倫理学専攻卒業。筑波大学大学院博士課程教育学研究科修了。大阪府立大学総合科学部助手、京都女子大学文学部専任講師、茨城大学教育学部助教授などを経て現職。

1995年、日本デューイ学会研究奨励賞受賞。2000年度トロント大学オンタリオ州立教育研究所客員教授。平成21年版高等学校学習指導要領総合的な学習解説及び指導資料作成協力者。文部科学省スーパーグローバルスクール企画評価委員。経済産業省初等中等段階における起業家教育委員会委員長。

ジョン・デューイの哲学と教育学を研究し、それを基盤として問題解決学習論を展開。探究的・協同的な学びによる学習指導と生活指導、さらには同僚性を高める校内研究の在り方を提唱。全国各地の小中学校の校内研究に参加している。

著書[編集]

  • 『問題解決学習のストラテジー』(明治図書)
  • 『問題解決学習で「生きる力」を育てる』(明治図書)
  • 『子どもの求めに立つ総合学習の構想』(明治図書)
  • 『総合学習で育てる学力ストラテジー』(明治図書)
  • 『子ども学入門』(明治図書)
  • 『問題解決学習の授業原理』(明治図書)
  • 『ジョン・デューイの経験主義哲学における知性論』(早稲田大学出版部)
  • 『校長の哲学』(学事出版)
  • 『アクティブ・ラーニング授業実践の原理』(明治図書)
  • 『西洋教育思想』(編著・ミネルヴァ書房)
  • 『問題解決学習入門』(学芸みらい社)

翻訳[編集]

  • 『社会科教育カリキュラム』(ウォルター・パーカー著、ルック)
  • 『ジョン・デューイ-現代を問い直す- 』(レイモンド・D・ボイスヴァート、晃洋書房)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.273