藍正龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藍 正龍
ラン・ジェンロン
プロフィール
出生: (1979-03-01) 1979年3月1日(42歳)
出身地: 中華民国の旗 台湾宜蘭県
職業: 俳優
各種表記
繁体字 藍正龍
簡体字 蓝正龙
拼音 lán zhènglóng
注音符号 ㄌㄢˊ ㄓㄥˋ ㄌㄨㄥˊ
和名表記: ラン・ジェンロン
発音転記: ラン・ジェンロン
テンプレートを表示

藍 正龍(ラン・ジェンロン、1979年3月1日 - )は台湾宜蘭県出身の俳優。身長180cm、体重70kg、血液型O型。

来歴[編集]

2014年5月17日、facebookでジェイド・チョウ(周幼婷)と結婚を発表。

2015年5月16日、facebookで長女誕生を発表。

2015年9月26日、ドラマ『妹妹(邦題:僕らのメヌエット)』で、第50屆金鐘奨の戲劇節目男主角獎(最優秀主演男優賞)を受賞[1]

2016年10月5日、facebookで長男誕生を発表。

2019年、映画『ぼくの人魚姫』で初監督[2]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • インターン(原題:大病院小医師)(2000年、PTS)- ヤン・ガー(楊格) 役 
  • 明星★学園 第1シリーズ(原題:麻辣鮮師)(2000年)- 藍星龍 役
  • 流星花園~花より男子~(2001年、CTS)- チンヨン(清永) 役
  • アウトサイダー〜闘魚〜(2004年、GTV)- シャン・リージェ(單立傑) 役
  • ファイアー・ミッション(原題:火線任務)(2004年)- タン・ハンション(唐漢生) 役
  • 波麗士大人(2008年、台視、三立)- 劉漢強 役
  • 幸福的抉擇(2008年、台視、三立)- 李浩哲 役
  • ハッピーメーカー(原題:福氣又安康) (2009年、台視、三立)- 嚴大風 役
  • P.S.男(原題:偷心大聖PS男)(2010年、台視、三立)- シア・フージエ(夏和杰) 役
  • マジで君に恋してる(原題:粉愛粉愛你) (2012年、CTS)- ユージエ(常宇傑) 役
  • ショコラ(原題:流氓蛋糕店) (2013年、台視、GTV)- チン・シーウー(秦是吾) 役
  • 僕らのメヌエット[1](原題:妹妹) (2014年、台視、GTV)- ダイ・ヤオチー(戴耀起) 役
  • 植劇場-姜老師,妳談過戀愛嗎?(2016年、台視、GTV)- 陳威霖 役
  • 私の隣に元カレ[2](原題:前男友不是人)(2018年、台視、GTV)- ダイ・ハイアン(戴海安) 役

映画[編集]

  • 鶏排英雄(2011年)- 陳一華(阿華) 役
  • 阿嬤的夢中情人(2011年)- 劉奇生 役 (映画祭タイトルは「おばあちゃんの夢中恋人」)
  • 大囍臨門(2015年)- 空港職員 役
  • 大釣哥(2017年)- 藍小龍 役
  • 神祕家族(2017年)- 黑衣人 役
  • ぼくの人魚姫[2](2019年)- 可夫 役

CM[編集]

  • 中国、香港版「飄柔男性洗髪乳(飄柔男性用シャンプー)」(1999年)
  • 泛亞電信(1999年)
  • 歯磨き粉「黒人」(2000年)
  • ダイエットコカコーラ(2001年)
  • 裕隆日產 Sentra[3](2016年)

脚注[編集]

  1. ^ レコードチャイナ (2015年9月27日). “台湾最大のテレビアワード「第50回金鐘奨」、ラン・ジェンロンが最優秀主演男優賞―台湾”. 2016年3月20日閲覧。
  2. ^ a b フォーカス台湾 (2020年7月10日). “日本初上映作品を多数ラインナップ 台湾映画の「いま」を知るイベント開催”. 2020年7月11日閲覧。
  3. ^ KING AUTOS (2015年12月3日). “藍正龍現身代言2016年式《Nissan Sentra》”. 2017年8月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]