薬袋秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

薬袋 秀樹(みない ひでき、1948年2月24日 - )は、日本の図書館情報学者で筑波大学名誉教授。専門は公共図書館運営。主要な著書に『図書館運動は何を残したか』がある。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

著作リスト[編集]

  • 『公立図書館司書の自己改革のための10か条』(薬袋研究室、1995年)
  • 『公立図書館司書のための仕事の技術10か条』(薬袋研究室、1996年)
  • 『公立図書館司書をめざすための10か条』(薬袋研究室、1996年)
  • 『図書館運動は何を残したか』(勁草書房、2001年)

共著[編集]

論文[編集]

外部リンク[編集]