ロータス・ブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蓮花大橋から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロータス・ブリッジ
Lotus Bridge 01.JPG
ロータス・ブリッジ
中国語
繁体字 蓮花大橋
簡体字 莲花大桥
英文表記
(意味)
Lotus Bridge
ポルトガル語
ポルトガル語 Ponte Flor de Lótus

ロータス・ブリッジ[1]蓮花大橋、簡体字:莲花大桥(普通話ピンイン:Liánhuā Dàqiáo、広東語音:lin4 faa1 daai6 kiu4)、ポルトガル語: Ponte Flor de Lótus英語: Lotus Bridge) は、中華人民共和国広東省珠海市横琴新区マカオコタイ地区を結ぶ国境橋。全長1756m、幅30m、対向6車線の自動車専用道である。歩行者は、シャトルバスによりマカオ側の横琴口岸と珠海側の路氹边检大楼(通称:莲花口岸)の両出入国検査場間を移動する。出入国検査場は午前9時から午後8時まで開庁している。

なお、名称に採用されているの花は、マカオ特別行政区の区旗区章にも採用されるマカオの象徴である。

沿革[編集]

ロータス・ブリッジの先の珠海市横琴新区側の通行方向が変わるアプローチ部

ロータス・ブリッジは、中国本土とマカオ間の唯一の出入口であったボーダーゲート(関閘)の混雑の緩和を目的に珠海市マカオ政庁による約2億の投資により、中国鉄建(チャイナ・レイルウェイ・コンストラクション)第四勘察設計院とマカオ政庁の共同設計で建設を開始、1998年5月着工、1999年マカオ本土復帰直前の12月10日に、最後のマカオ総督ビエイラ、後任となるマカオ特別行政区行政長官何厚鏵、及び新華社マカオ支局長王啓人等によりテープカットがなされ、2000年3月に供用が開始された。2005年9月17日から、中華人民共和国側の建物設備の不備を原因として封鎖されたが、2007年5月1日に再開した。

マカオ国際空港から西約8km位置にある。

中華人民共和国は右側通行、マカオ・香港は左側通行であるが、橋上は左側通行で、横琴島内のループ状のアプローチ部で通行方向が変わる仕組みになっている[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ エリアで楽しむ(マカオウォーキングマップ)コタイ地区”. マカオ観光局. 2013年2月13日閲覧。
  2. ^ 玄関はオランダだけど、家の中はベルギー? 世界の変な国境9選”. ハフポスト (2015年6月25日). 2018年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯22度08分25秒 東経113度32分48秒 / 北緯22.1402度 東経113.5468度 / 22.1402; 113.5468