蓑輪秀邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蓑輪 秀邦(みのわ しゅうほう、1939年6月6日 - )は、浄土真宗哲学者仁愛大学名誉教授

福井県鯖江市出身。1963年京都大学文学部哲学科卒、真宗大谷派教学研究所に勤務ののち1972年郷里に帰り、仰明寺住職[1]。同年仁愛女子短期大学助教授、80年教授、2001年仁愛大学人間学部教授、図書館長[2]。2010年退任、名誉教授。高倉会館館長。

著書[編集]

  • キェルケゴール親鸞 宗教的真理の伝達者たち』ミネルヴァ書房 Minerva21世紀ライブラリー 2000
  • 世自在王仏のみもとへ 宗教心の根源を問う』法藏館 2000
  • 『仏意測り難し』真宗大谷派名古屋別院教化事業部 東別院伝道叢書 2004
  • 『真宗門徒になる』真宗大谷派宗務所出版部 同朋選書 2006
  • 『自分探しの旅へ』ながたみどり絵 真宗大谷派宗務所出版部 2006

共著編[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 研究者情報