葛城高額媛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
葛城高額姫命から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「葛城高顙媛」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
葛城高額媛
出生 不詳
死去 不詳
配偶者 息長宿禰王
子女 神功皇后
虚空津比売命
息長日子王
父親 多遅摩比多訶
母親 菅竈由良度美
テンプレートを表示

葛城高顙媛(かずらきのたかぬかひめ)は、神功皇后[1]多遅摩比多訶菅竈由良度美の子として誕生[2]息長宿禰王に娶られる[3]

日本書紀』では「神功摂政前紀」に登場し、多遅摩比多訶菅竈由良度美の子として“葛城高顙媛”の名が記載されている[4]。また『古事記』では「応神天皇段」に“葛城之高額比賫”という表記で登場し、アメノヒボコの子孫とされている[4][5]

家族[編集]

葛城高顙媛の父親は多遅摩比多訶[2]、母親は菅竈由良度美[2]息長宿禰王との間に、以下の子供を儲けた。

  1. 女性 息長帯比売命(神功皇后)[1]
  2. 女性 虚空津比売命[3]
  3. 男性 息長日子王[3]

祭神[編集]

葛城高額媛は、以下の神社にて祭神として祀られている。

小説[編集]

氷室冴子による少女文芸『銀の海 金の大地』にて「高額姫」として登場[10]。高慢な気位高い女性として描かれ、後に須久泥王の妻となった[10]

出典[編集]

  1. ^ a b 日本書紀 神功皇后摂政前紀
  2. ^ a b c 古事記 中巻 応神天皇段
  3. ^ a b c 古事記 中巻 開化天皇段
  4. ^ a b 関裕二 (2015-07-01). 神武東征とヤマト建国の謎: 日本誕生の主導権を握ったのは誰か?. PHP研究所. p. 157. ISBN 978-4-569-76392-7. 
  5. ^ 雄山閣編輯局 (1931). 異説日本史: 女性篇4 上. 雄山閣出版株式会社. p. 44. 
  6. ^ 往馬大社の由来”. 往馬大社 (2005年). 2016年5月31日閲覧。
  7. ^ 往馬坐伊古麻都比古神社”. 神奈備 (2013年11月12日). 2016年5月31日閲覧。
  8. ^ 神社紹介 神高槻神社”. 滋賀県神社庁. 2016年5月31日閲覧。
  9. ^ 鷹貫神社”. 玄松子 (2013年10月9日). 2016年5月31日閲覧。
  10. ^ a b 氷室冴子 (1995-04). 銀の海 金の大地. 10. コバルト文庫. ISBN 978-4086140683.