菊原光治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菊原 光治(きくはら こうじ、本名:奥寺 光治昭和22年(1947年) - )は地歌箏曲演奏家、野川流三弦古生田流菊原家5代目。

岩手県久慈市出身。高校在学中に学んだ琴に魅せられ、卒業後大阪の菊原初子人間国宝・国の重要無形文化財保持者)の内弟子となる。

入門6年後、野川流三味線組歌と古生田流箏曲の巻物を伝授された。地歌箏曲一筋に修行に励み、1992年(平成4年)11月菊原家の5代目継承者となった。現在は大阪府天王寺区在住。

経歴[編集]

  • 昭和22年(1947年)岩手県久慈町(現在の久慈市)で出生。
  • 昭和40年(1965年八戸市蒔田功美より箏の手ほどきを受ける。
  • 昭和41年(1966年)大阪の菊原初子の内弟子となる。
  • 昭和45年(1970年)名取りとなり「菊寺」の称号を受ける。
  • 昭和46年(1971年)大阪文化祭奨励賞受賞、野川流三味線組歌・古生田流箏曲の全曲の巻物を伝授された。
  • 平成2年(1992年)菊原家五代目継承。
  • 平成25年(2013年)菊原初子十三回忌追福 菊原光治芸歴五十周年 箏曲地歌演奏会主催。特別出演 人間国宝 富山清琴 山本邦山 米川文子