荒馬大五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒馬 大五郎(あらうま だいごろう、1793年5月5日 - 1849年7月16日)は、下総国千葉郡馬加村(現在の千葉県千葉市花見川区幕張)出身で桐山部屋大坂相撲小野川部屋所属の元大相撲力士。最高位は関脇。2代目年寄宮城野を襲名。身長197cm、本名は川島 重美(紋重郎)。

来歴[編集]

文化8年~11年11月は横須賀藩のお抱え

逸話[編集]

出生地の幕張には墓があり、「宮城野馬五郎重美之墓」とある。

通算成績[編集]

  • 幕内在位 41場所
  • 幕内成績 127勝94敗26分5預9無128休 勝率.575

改名歴[編集]

千葉ヶ嵜→荒馬紋蔵→荒馬大五郎→宮城野馬五郎→年寄宮城野

関連項目[編集]